11月上旬、新蕎麦イベント開催予定です

スーパーなどで「いちご」が売っていない時期にもわいわい広場ならイチゴ販売しています

目次

スーパーなど市場でいちごが売られている時期って知ってますか?

年中、ふとしたタイミングで「いちご」を使ってケーキやスイーツを作りたい!
またはいちごが食べたい!と思うことがあります。
しかしイチゴには旬があるので年中一般的なスーパーにいちごが並んでいないことがあります。
松本市浅間温泉わいわい広場ではかなり長い期間いちごの販売やいちご摘みができるので、
ちょっといちごがほしいなぁと思った方は是非お越しください。
そういうわけで今回は「いちごが市場で販売されている時期」や「いちごの旬」についての記事です。

いちごの旬やスーパーなどにいちごが並ぶ時期について

以前よりいちごを年中食べられるようにはなってきましたが、
本来のいちごのの旬は3月~5月になります。
春から夏を迎えて気温が上昇してくる夏になると、いちごはスーパーなどの店頭から見なくなります。
いちごを使ったスイーツといえば、クリスマスケーキ!
クリスマスが近づく12月上旬くらいに再び一般のスーパーなどでも店先にいちごが並び始めます。
クリスマスケーキに必須であるいちご需要が高まるので、おうちでクリスマスケーキを作ろう!という方が買い求めにきます。
いちご農家さんもクリスマス特需、クリスマス大セールに合わせてにいちご販売するために、
いちごの収穫時期を合わせてるので、再び12月をすぎて新年を迎えるころにはいちごをスーパーでは見かけなくなります。
冒頭でもお知らせしたとおり、いちごの旬は春先の3月~5月なので一般的に冬のいちごは高価な果物となります。

いちごがスーパーに並ぶ時期は3~5月、12月前後、
それ以外の「6月~11月の間」はスーパーなどでいちごが販売されることはあまりありません。

いちごのシーズンオフの時期にいちごが欲しい方は是非わいわい広場へ

いちごは栄養価も高く、とてもおいしい果実なので、かくいう私も食べられるなら新鮮でおいしいいちごを年中たべたいなぁと思っています。
あまり知られてはいませんが、わいわい広場では長い期間いちご販売しているので、
「夏にちょっといちごが食べたい!いちごケーキをつくりたい!」
「ひんやりスイーツにいちごをのっけたい!」なんていう方は是非、わいわい広場へお越しください。
7月から営業時間も18時まで延長してお待ちしております。

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

コメント

コメントする

目次
閉じる