松本市四賀でつくったはぜ掛けコシヒカリでおいしいごはんを!

目次

松本市四賀でつくったはぜ掛けコシヒカリが人気です

今回のご紹介は「松本市四賀でつくったはぜ掛けコシヒカリ」です。
四方を山に囲まれた松本市の四賀地区。
山々から流れ出る豊富なミネラルを含んだお水がおいしいお米を育てています。

信州のやさしい太陽と風でじっくりと自然乾燥させたお米で人気です。
こちらの「松本市四賀でつくったはぜ掛けコシヒカリ」は
2㎏・3㎏の二種類ご用意してあります。

松本産のお米がおいしい理由

松本市の美しい景観、きれいな水、澄みきった空気という、お米に適した環境があるのが信州です。
豊かな自然環境の中で生産されるのでおいしいお米が作られます。
・松本市は内陸性で盆地が多く朝夕が涼しい
内陸性で盆地が多い松本市は、夏の朝夕が涼しく、また昼と夜の温度差(日較差)が大きいため、
光合成により、米のおいしさを決めるデンプンが効率よく蓄積されます。

お米の上手な保存方法をご紹介します

お米をおいしく食べられる期間の目安は、通常でも精米した日からだいたい30日前後と言われています。
夏は15日~20日くらいが目安となりますので、なるべく早めに食べるとおいしくいただけます。
またお米の保存方法や条件によって異なりますので、上手な保管方法で長い期間おいしく食べられます。
〇色やにおいのつくものは遠ざけて、湿度に注意しましょう。
米びつに入れ替え、直射日光の当たらない、風通しの良い、冷暗な場所に保存してください。
〇米びつは一旦空にして、中を良く掃除してから新しいお米をいれましょう。、

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

コメント

コメントする

目次
閉じる